睡眠時無呼吸症候群とは?|驚くべきまさかの症状とは!

今回は恐ろしい病睡眠時無呼吸症候群について徹底調査してみました!

睡眠時無呼吸症候群の危険性

お伝えしたいのはつい先ほどのことからもわかるように、睡眠時無呼吸症候群というのは寝ている間にしばしば息づかいがフリーズしてしまうとてもとてもハイリスクの病気です。

わたしたちは脳と体を休養をとらせることがきっかけで深い眠りますが、寝ている間に息づかいがストップされることを通して体の中の酸素量がスピードダウンしてしまい、それだけの酸素が足りないことをカバーしようと心臓は心臓の鼓動数を上げいるのです。

頭に入れておいてほしいことはそれぞれによって個人は勘づいていないというのに脳や体からすればスケールの大きい負荷が加わり、覚醒かのようなグレードとなってしまうので熟睡が浅くなり深い眠りの質が衰えてしまいます。

そういうことから、就寝で脳と体をしっかりと休養をとらせることこそがして貰えなくなり、お昼の間に強力である眠気を感づいたりエネルギーがひどくなったりと生活パターンにいろいろな悪い影響を及ぼしてしまうことになります。

これ以外には就寝時無呼吸症候群というのは快眠の質のマイナスが元となる恒常的な睡眠不足がもたらされるため、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病というような疾患の発症リスクを引き立てる原因としてもなります。

これ以外にも睡眠時無呼吸症候群をすることになった原因としたアクシデントもたくさん起きています。

睡眠時無呼吸症候群ができる原因睡眠時無呼吸症候群というのは喉の辺りのイメージがあるのと一緒で道(気道)としてもふさがることによって起こり得ますが、

気を付けてほしいのはこの原因は首めぐりへの脂肪の沈着あるいは扁桃の肥大、舌根の沈下などが見受けられます。

覚えておいてほしいのは首回りとして体重が増加することが原因で空気の通り道としてもゆとりのないようになってしまうことからぽっちゃり系型の方というのは睡眠時無呼吸症候群にかかりやすいとなっていますが、

顎がちっちゃな我々日本人の骨格というのは気道としても一杯になっていてやすいため、ほっそりとした方あるいは女性の人にもたくさんもたらされています。

これ以外には疲労やアルコールの摂り込みによって喉の筋肉が緩みが簡単になり、緩んだ筋肉としても気道を塞いでしまうこともファクターのひとつにあるということも考えられます。

お伝えしたいのは首周りに対しての脂肪の沈着あるいは扁桃の肥大、就寝前のアルコール摂取… これらに関してはいびきになるファクターとしても知れ渡っています。

睡眠時無呼吸症候群の患者さんのおそらく100%は寝ている間にでっかいいびきをかいましていますので、毎真夜中いびきをかおりましている方というのはその中でも睡眠時無呼吸症候群を発症する可能性が大きいことも想定されます。